親鸞さまの胸キュン指南

親鸞聖人が明らかにされた驚きの真実がここにあります。

誰も知り得ない真実の教え

 

浄土真宗で知られる親鸞聖人は、
四方八方から非難攻撃を受け、波瀾万丈の人生を歩まれましたが、
その人生の目的、御心はどのようなものだったのでしょうか?

 

それは、親鸞聖人の主著「教行信証」に書かれています。
その冒頭には、このようにあります。

 ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしきかなや、
 西蕃・月氏聖典、東夏・日域の師釈に、
 遇い難くして今遇うことを得たり、聞き難くして已に聞くことを得たり。


西蕃(せいばん)というのは、インドのことで、
月氏(げっし)というのは、インドで栄えた国の名前です。
聖典というのは、教えのことです。

東夏(とうか)というのは、中国、
日域(じちいき)というのは、日本のことで、
師釈というのは、高僧方の教えということです。

ですから、このお言葉は、
愚かでお粗末な親鸞が、何の間違いか、
遇い難いインド、中国、日本の高僧方の教えに遇うことができた。
聞きがたいことを今聞くことができた。

お釈迦さまがどんなに素晴らしい教えを説かれていても
伝えてくだされる方がなければとてもしることはできなかった
という喜びを書かれているお言葉です。

続けてこのように書かれてあります。
 

 真宗の教・行・証を敬信して、特に如来の恩徳の深きことを知んぬ。
 ここを以て聞く所を慶び、獲る所を嘆ずるなり。(教行信証総序)

 
真宗というのは、真実の宗教ということで、仏教のことです。
教とは、教えのこと
行とは、教えの通りに実行すること
証とは、目的地のことです。仏教には、本当の幸せへの道が
説かれていますから、本当の幸せのことです。

敬信とは、敬って信ずるということで、賜るということです。

如来とは、大宇宙の本師本仏の阿弥陀如来のことです。

嘆ずるというのは、仏法讃嘆の嘆で、一人でも多くの人に
お伝えするということです。

 
ですから、このお言葉は、
お釈迦さまの教えの通りに実行し、阿弥陀如来誓願によって、
本当の幸せの身になることができた。
そして、阿弥陀如来の深いご恩を知らされた。
一人でも多くの人にお伝えできないものか。
ということです。

このように、親鸞聖人は、高僧方の教えに導かれて、

本当の幸せの身になられ、その慶び、報恩のお気持ちが原動力となって、

生涯、その教えを命懸けで伝えられたのです。

 


本当の生きる目的がわかるビデオ(人生は意味なく生きて死ぬだけ?)